演題募集

演題登録確認・修正期間 : 2012年7月5日(木)~ 9月13日(木) 9月30日(日)
10月3日(水)12:00(正午)

※締切を再延長しました。皆様からの奮ってのご応募、心よりお待ちいたしております。

※10月3日(水)12時をもって、演題登録を締め切らせていただきました。
多数のご応募ありがとうございました。

演題登録は「UMINオンライン演題登録システム」を利用します。これ以外の受付はできませんのでご留意ください。

1.応募資格

演者および共同演者は、本学会の会員であることが必要です。
未入会の方は、本学会ホームページ(http://square.umin.ac.jp/jadm/
「入会申込のご案内」からご入会ください。

2.演題登録方法

  1. 演題登録期間:今回の演題の登録は「UMINオンライン演題登録システム」を利用します。これ以外の受付はできませんのでご留意ください。第18回日本集団災害医学会総会のホームページ(https://apollon.nta.co.jp/jadm18)の演題募集のページにアクセスし、演題登録を行ってください。

    一般演題登録期間 : 2012年7月5日(木)~ 9月13日(木) 9月30日(日)
    10月3日(水)12:00(正午)

    ※締切を再延長しました。皆様からの奮ってのご応募、心よりお待ちいたしております。

    ※10月3日(水)12時をもって、演題登録を締め切らせていただきました。
    多数のご応募ありがとうございました。

  2. 企画演題(シンポジウム1~6、パネルディスカッション1~4、ワークショップ1~5)及び一般演題(口演、ポスター)より選択してください。企画演題は一部公募します。企画演題に不採用の場合、一般演題での発表を希望するか否か選択してください。
    一般演題を希望する方と、企画演題に不採択の場合も、一般演題での発表を希望する方は、カテゴリーを選択してください。
  3. 演題登録の方法、注意事項はすべて演題登録用ページに掲載されます。ホームページ内に記載されている注意事項をよく読んでからご提出ください。演題受領通知は、自動返信メールにて演題登録者に送付されます。その際、演題登録番号が自動的に割り当てられます。演題登録番号と登録者本人任意のパスワードを用いることによって、締め切りまで登録事項を何回でも変更することができます。パスワードなどの記録および機密保持は、登録者の管理に依存します。また、演題登録番号およびパスワードは登録演題の変更のほか、受領確認、採否確認にも必要です。必ず記録しておいてください。
  4. 演題タイトルは全角66文字以内、英語タイトル50ワード以内、抄録本文は全角800文字(図表がある場合は全角536文字)以内とします。 総文字数は図表なしの場合は全角1100文字以内(図表がある場合は全角737文字)以内とします。
  5. 一般演題につきましては、プログラムが確定次第、ホームページに掲載しますので、ご確認ください。ご希望の形式以外での発表をお願いする方には、10月中旬までにメールにて個別に連絡します。最終的な決定は、会長・プログラム委員会にご一任ください。

3.演題区分

演題区分は、企画演題「シンポジウム1~6、パネルディスカッション1~4、ワークショップ1~5」及び一般演題(口演、ポスター)より選択してください。企画演題の内容は下記です。

シンポジウム(S)/パネルディスカッション(PD)/ワークショップ(WS)

  • 【S-1】巨大広域災害への備え
  • 【S-2】局地(近隣)災害への備え
  • 【S-3】放射線災害
  • 【S-4】被災地における災害医療支援の調整
  • 【S-5】シームレスな災害救護に求められるもの
  • 【S-6】災害と報道・メディア
  • 【PD-1】1.17から3.11
  • 【PD-2】東日本大震災から2年―災害医療対応を総括する
  • 【PD-3】災害時ロジスティクスの現状と課題
  • 【PD-4】SCUの整備―円滑な広域医療搬送実現のために
  • 【WS-1】Triageの現状と課題:方法、タッグ、法的な見地から
  • 【WS-2】災害医療コーディネーター・統括DMATの位置づけと方向性
  • 【WS-3】災害時診療録やアセスメントシートの標準化
  • 【WS-4】災害医薬品の標準化
  • 【WS-5】こころのケアへのアプローチ

4.一般演題発表形式

一般演題は、口演とポスターを予定しております。なお、A~Mのカテゴリーに分類しております。ご希望のカテゴリーを2つまで選択してください。最終的な発表形式(口演orポスター)は、事務局が決定します。

  • A.災害準備・減災対策
  • B.トリアージ・治療・搬送
  • C.情報・通信システム
  • D.ロジスティックス
  • E.保健衛生・健康管理
  • F.災害教育・訓練
  • G.事例検討
  • H.災害拠点病院
  • I.DMAT関連
  • J.JMAT関連
  • K.広域医療搬送
  • L.災害医療コーディネーター
  • M.国際協力
  • N.NGO関連
  • O.感染症
  • P.災害疫学
  • Q.危機管理
  • R.局地・近隣災害
  • S.阪神・淡路大震災
  • T.東日本大震災
  • U.CBRNE災害
  • V.心のケア
  • W.その他

5.演題登録

暗号通信

  • 新規登録および修正には、原則として「暗号通信」をご利用ください。
  • 演題登録締め切り間際には、登録や変更が殺到し、アクセスが困難となる場合があるようです。早めのご登録をお勧めいたします。締切直前になって、ブラウザと演題登録プログラムの相性などの問題により登録ができないとしてもUMINともに責任を負いかねます。
  • オンライン演題登録完了の後、確実に登録されているか「確認修正画面」にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認ください。
  • 登録後も、締切りまでは登録内容の修正が可能です。修正には登録終了後に確認画面で発行される演題登録番号とパスワードが必要となりますので、演題登録番号とパスワードは、必ず書き留めるか、その画面をプリントアウトし、保存するようにお願いいたします。演題登録・修正終了後には、登録画面上に記入したメールアドレス宛に登録内容が返送されますので必ずご確認ください。なお、メールアドレスの入力に誤りがないようご注意ください。また、パスワードと演題登録番号の記録および機密保持の責任は各登録者に帰属するものといたします。パスワードに関するお問合せには、セキュリティ確保の観点から、一切お答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

演題登録は、以下のボタン登録画面をクリックして開始してください。

登録画面 (暗号通信)確認・修正画面 (暗号通信)

平文通信

  • 平文通信は、第三者があなたのパスワードを盗用して、演題・抄録を無断借用したり改ざんしたりする可能性があります。できるだけ上記暗号通信をご利用ください。
  • どうしても暗号通信を利用できない場合(施設やプロバイダーの設定に問題がある、またはブラウザが古い等)に限り、平文通信をご利用ください。
    ただし特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードを平文通信で演題登録用に使用することは絶対にやめてください。

登録画面(平文通信)確認・修正画面(平文通信)

注意事項

本演題登録システムは【Internet Explorer】【Netscape】【Safari】【Firefox】で動作確認を行っております。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いします。

注:Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
上記に満たないバージョンは使用できません。
演題登録に関するお問合せは、下記運営事務局へe-mailまたはFAXでお願い致します。
技術的問題等の場合、即座に返答しかねる場合もございますので、予めご了承ください。

6.お問い合わせ先

第18回日本集団災害医学会総会・学術集会 運営事務局
株式会社日本旅行 西日本MICE営業部
〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル5F
TEL : 06-6342-0212  FAX : 06-6342-0214
E-mail : jadm_18@nta.co.jp
担当:田辺、下村、木村
このページのトップへ