ランチョンセミナーのご案内

ランチョンセミナー1

日 時:
1月17日(木)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 3階 国際会議室(第2会場)
演題名:
救急・災害医療における重症感染症の治療-国際および日本版ガイドラインを紐解きながら
演 者:
小谷 穣治
(兵庫医科大学 救急・災害医学講座/兵庫医科大学病院 救命救急センター)
座 長:
杉本 勝彦(国士舘大学大学院 救急システム研究科)
共 催:
一般社団法人日本血液製剤機構
定 員:
360名

ランチョンセミナー2

日 時:
1月17日(木)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 5階 501会議室(第3会場)
演題名:
東京電力福島第一原発事故への医療対応
演 者:
近藤 久禎
(国立病院機構 災害医療センター 臨床研究部政策医療企画研究室/厚生労働省医政局 DMAT事務局)
座 長:
辺見 弘(国立病院機構 災害医療センター 名誉院長)
共 催:
株式会社NTTデータ
定 員:
200名

ランチョンセミナー3

日 時:
1月17日(木)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 5階 502会議室(第4会場)
演題名:
非常時の電力確保の重要性。自家発電設備+α/災害時にどの程度の応急給水が被災者に届くのか
演 者:
中川 浄
(ソニービジネスソリューション株式会社 営業・マーケティング部門 営業企画室)
演 者:
鍬田 泰子(神戸大学大学院工学研究科市民工学専攻)
座 長:
野口 宏(愛知県救急医療情報センター)
共 催:
日本光電関西株式会社/ソニービジネスソリューション株式会社
定 員:
200名

ランチョンセミナー4

日 時:
1月18日(金)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 3階 国際会議室(第2会場) ※360席
演題名:
災害対応傷病者情報管理システムの開発
演 者:
中森 靖(大阪府立急性期・総合医療センター 高度救命救急センター)
座 長:
青野 允(函館新都市病院)
共 催:
伊藤忠商事株式会社/東京エレクトロニツクシステムズ株式会社
定 員:
360名

ランチョンセミナー5

日 時:
1月18日(金)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 5階 501会議室(第3会場) ※200席
演題名:
重症四肢外傷に対する最近の治療戦略 ―国内の平時から海外の災害時まで―
演 者:
冨岡 正雄(愛仁会リハビリテーション病院)
座 長:
福家 伸夫(帝京大学ちば総合医療センター 救急集中治療センター)
共 催:
日本ストライカー株式会社/ケーシーアイ株式会社
定 員:
200名

ランチョンセミナー6

日 時:
1月18日(金)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 5階 502会議室(第4会場) ※200席
演題名:
東日本大震災を考える-薬剤師の役割-
演 者:
我妻 仁(日医工(株)DPC広域病院部/元石巻赤十字病院)
座 長:
松林 照久(神戸赤十字病院)
共 催:
日医工株式会社
定 員:
200名

ランチョンセミナー7

日 時:
1月19日(土)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 3階 国際会議室(第2会場) ※360席
演題名:
医療現場における地震対策に向けて
演 者:
梶原 浩一(独立行政法人 防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター)
演題名:
80列マルチスライスCTを用いた外傷パンスキャンの臨床応用
演 者:
森原 宗憲(大阪府三島救命救急センター)
座 長:
池内 淳子(摂南大学理工学部 建築学科)
共 催:
東芝メディカルシステムズ株式会社
定 員:
360名

ランチョンセミナー8

日 時:
1月19日(土)12時~13時
会 場:
神戸国際会議場 5階 501会議室(第3会場) ※200席
演題名:
岩手県立大槌病院仮設診療所建設における課題と今後について
演 者:
中田 敬司(東亜大学医療学部 医療工学科 救急救命コース)
演題名:
東日本大震災、旅人としての被災体験
演 者:
小栗 顕二(和幸会 阪奈中央病院 健診部)
座 長:
石井 美恵子(日本看護協会看護研修学校)
共 催:
株式会社ノルメカエイシア
定 員:
200名
  • ランチョンセミナーの整理券は、各開催日に17日は9時30分より、18日・19日は8時40分より配布いたします。
  • 学会参加受付をお済ませの上、整理券をお受け取りください。
  • 配布は各日毎にお一人1枚とさせていただきます。
  • 数に限りがありますので、予定数を超えた場合はご容赦ください。
このページのトップへ