市民公開講座のご案内

1.17から3.11~何を学びどう備えるか~
第18回日本集団災害医学会学術集会 併催 市民公開講座
2つの大災害から学ぶもの

開 催 日
平成25年1月18日(金)~19日(土)
開催場所
神戸国際会議場メインホール、神戸ポートアイランド市民広場
神戸市中央区港島中町6-9-1
開催時間
18日(金)10時~18時、19日(土)10時~16時
定  員
各回 700人
参 加 費
無 料(学術集会への参加は有料です)
チラシをダウンロード

プログラム概要:

平成25年1月18日(金)

13時~14時 市民公開講座1 
「震災とラグビー ~2つの震災の経験から~」
演  者
元木 由記雄(神戸製鋼コベルコスティーラーズ チームアドバイザー)
14時~15時 市民公開講座2 
「東日本大震災とその復興」
演  者
五百旗頭 真(ひょうご震災記念21世紀研究機構)
15時~18時 特別企画WHO神戸センター市民公開フォーラム 
「保健・健康危機問題に対する国際協力」

※日・英同時通訳あり

コーディネーター
Arturo Pesigan(WHO神戸センター)、鵜飼 卓(兵庫県災害医療センター、HuMA)
演  者
Alex Ross(WHO神戸センター)、渡部 正樹(国連人道問題調整事務所)、Jostacio Lapitan(WHO神戸センター)、Sanjaya Bhatia(UNISDR・国際復興支援プラットフォーム(IRP))、大友 仁(JICA緊急援助隊事務局)、高田 洋介(人と防災未来センター、HuMA)、畑 倫明(奈良県立医科大学高度救命救急センター)

平成25年1月19日(土)

13時~14時 市民公開講座3 
「二つの大震災に学んで明日の社会を展望する」
演  者
室﨑 益輝(関西学院大学災害復興制度研究所)
14時~16時 市民公開シンポジウム 
「災害と報道・メディア」
コーディネーター
中村 通子(朝日新聞大阪本社)
演  者
内藤 万砂文(長岡赤十字病院救命救急センター)、小林 誠人(公立豊岡病院但馬救命救急センター)、阿部 雅昭(石巻赤十字病院人事課)、樋口 範雄(東京大学大学院法学政治学研究科)、杉本 誠司(株式会社ニワンゴ)

体験コーナー(市民広場):

18日(金)10時~16時、1月19日(土)10時~16時

JDR医療チーム(JICA)、dERU(日本赤十字社兵庫県支部)、HAZ-MAT、スーパーイーグル(神戸市消防局)、地震体験車(兵庫県広域防災センター)、ドクターカー(兵庫県災害医療センター) ほか

※緊急車両等は事情により展示時間が変更になる場合もあります。

※この事業は、「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」、「ひょうご安全の日推進県民会議」と「神戸医療産業都市関連学会併催市民公開講座助成事業」の助成を受けて実施しています。

このページのトップへ